2014年03月24日

「ビザンチウム」



55点/100点

<作品情報>
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の鬼才ニール・ジョーダン監督が、約20年ぶりにヴァンパイア映画に挑んだヒューマンドラマ。大きな秘密を抱えた少女が、悩んだり傷ついたりしながらも新しい人生の第一歩を踏み出す勇気を、情緒豊かに映し出す。主人公を『つぐない』『ハンナ』のシアーシャ・ローナンが演じ、相棒を『アンコール!!』などのジェマ・アータートンが熱演。ピュアな魂と胸がちぎれるような孤独を抱えた少女のあらがえない宿命に心打たれる。

神秘的な16歳の少女エレノア(シアーシャ・ローナン)は、彼女の保護者である八つ年上のクララ(ジェマ・アータートン)と共に海辺のリゾート地にたどり着く。一見姉妹のように見える二人は、長年定住することなく街から街へと放浪する日々を送っていた。実は、なまめかしい美貌を持つクララと悲しげな瞳を持つエレノアにはある秘密があり……。

完全にシアーシャローナン目当ての観賞です。あと、私がヴァンパイアが好きと理由で。見終えた感想は、雰囲気ものの映画かなという印象。ただ何度か繰り返し見たら深い意味と味わいがあるんだろうなという感じがします。ただ何度も見たくなるような面白い映画ではなかった。けっして比べられる映画ではないですが「ぼくのエリ」とどうしても比較してしまう自分がいました。個人的に「ぼくのエリ」はとても面白かったのですが。

2014年視聴本数30本目


posted by yu-bear at 23:36| Comment(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

「アベンジャーズ」



70点/100点

<作品情報>
アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なヒット作の主人公が一堂に顔を合わせるアクション大作。特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム「アベンジャーズ」が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。最先端VFXを駆使した圧倒的ビジュアルに加え、『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jrや『それでも恋するバルセロナ』のスカーレット・ヨハンソンら、豪華共演を果たしたキャスト陣も見ものだ。

人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。

後半30分はすごく迫力がありました。それまでのヒーローたちが団結するまでの経緯が私は楽しめなかった。私はMARVELのヒーローたちをほとんど知らなかったので、どう楽しめばいいのかわからなかった。キャプテンアメリカもブラックウィドウも知らない。ハルクはなぜいぶし銀俳優マークラファロなのかとずっと気になってました。何だかんだでジェレミーレナーが一番かっこよかったし、ハルクは超強すぎ笑。彼一人でもいいんじゃない?

でも、みんなでああだこうだ言える映画だからそれだけでも十分楽しめる映画だと思います。商業的映画はなんとなく見たくなくなるんだけど、「ハルク」を見たくなった時点で私はMARVELの策略にはまってますね。

2014年視聴本数28本目
posted by yu-bear at 18:19| Comment(0) | アクション映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

「イエスマン "yes"は人生のパスワード」



70点/100点

<作品情報>
人生において常に「ノー」を連発してきた後ろ向きな男が、どんなときでも「イエス」と言うルールを自分に課したことから騒動が巻き起こるコメディー。すべてに「イエス」と言ったらどうなるかを実際に試してみた、BBCラジオディレクターの体験実話が基になっている。主人公のカールを『ナンバー23』のジム・キャリーが演じ、彼に惹(ひ)かれる女性アリソンを『ハプニング』のゾーイ・デシャネルが演じる。コメディー王ジム・キャリーが見せる、笑いあり、涙ありのポジティブ・ストーリーを楽しみたい。

仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。生き方を変えようと決心した彼は、いつどんなときも「イエス」と言うルールを自分に課す。その結果、偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくカールだったが……。

久しぶり私の大好きなジムキャリーの映画を観賞。吹き替えで見たのですが、改めて思うのは山寺宏一さんは本当にすごい!大塚明夫さんや宮本充さんもすごいなと思うのですが、感動する声優さんってなかなか出会えない気がします。ジムキャリーは山寺さんしかいませんね。

映画としては十分楽しむことができました。大好きなジムキャリーとズーイデシャネルの二人が主演なので、個人的にそれだけでとても満足です。助演にブラッドリークーパーがいるので久々にキャストで観れる映画でした。ストーリーはご都合映画とも言えると思いますが、とにかくジムキャリーは面白いし、ズーイデシャネルがとてもかわいい。繰り返しになっちゃうけどそれだけで満足なんです笑

2014年視聴本数27本目
posted by yu-bear at 23:42| Comment(0) | コメディ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

「宇宙人ポール」



85点/100点

<作品情報>
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などで絶大な人気を誇る迷コンビ、サイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディー。陽気な宇宙人とオタクの青年2人が繰り広げる珍道中を、『未知との遭遇』『E.T.』など過去の傑作SFへのオマージュをちりばめて描く。宇宙人ポールの声を、『グリーン・ホーネット』のセス・ローゲンが担当するほか、『エイリアン』シリーズのシガーニー・ウィーヴァー、『E.T.』などのスティーヴン・スピルバーグ監督がカメオ出演しているのも見逃せない。

SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。その途中彼らは、ネバダ州の「エリア51」でポールと名乗る宇宙人と遭遇する。そしてポールを故郷に帰すため、悪戦苦闘の日々が始まり……。


面白かった!
やはり、サイモンペッグとニックフロストのコンビは最高です。何がツボにはまるのかわからないけど、面白くないわけがないと思わせる彼らの存在は稀有ですね。

彼らとコンビを組むことが多いエドガーライト監督は今回関わっていないみたい。でもなんとなく監督臭がしたのはきっと彼らの存在が原因でしょう。

感想としては、ハラハラドキドキがあって、しんみりするシーンがあって、というようなギャップのある映画ではなく、抑揚は穏やかだけど、すべての出来事、シーンが高い水準をキープしている出来映えになっています。

こういった比較的軽いタッチの映画は、人が死なない方がいいかな。不用意に人が死ぬことによって、映画自体に雑味と濁りが混じってしまうような気がします。死んでしまった人たちは悪いことをしていたわけではないからよけいイヤな気分になってしまった。

でも、不満な点はそれくらいで何度も繰り返し観たい最高の映画です。

2014年視聴本数25本目
posted by yu-bear at 03:04| Comment(0) | コメディ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

「カーズ2」



65点/100点

<作品情報>
『ファインディング・ニモ』や『Mr.インクレディブル』を手がけたジョン・ラセターが、6年ぶりに監督を務めたフル3Dによる感動物語。“車たちの世界”を舞台に、いつも最速で走り続けていた主人公がふと立ち止まり、人生の意味とは何かをを見出していく。『シャンハイ・ヌーン』のオーウェン・ウィルソンや、大御所のポール・ニューマンらが声を担当する。3Dのリアルな質感とスピード感あふれる映像は必見。ピクサーとディズニーがタッグを組む最後の作品としても話題を呼んでいる。

真っ赤でピカピカなボディがトレードマークのレース・カー“ライトニング・マックィーン”は、レースでチャンピオンを目指す人気者。ある日ルート66号線沿いにある田舎町“ラジエイター・スプリングス”に立ち寄り、住民たちと触れ合ったことで、自分の人生には何かが失われていたことに気が付く。


カーズがとても良かったから続編を見たんですけど、うーん。。。

決して悪くはなくピクサーの作品だけあって及第点は確保していると思います。でも、私が一番思うところは、前回は主人公マックイーン自身がスピードこそ一番と疑わなくて、街の住人と触れあうことで速いことだけが一番ではない、速さによって人を打ち負かすことが重要ではないという所を、クルマという媒体を使って観客に訴えるのがポイントでした。

しかし、今回の映画は主人公がクルマである必然性がまったくない。ただのスパイアニメだと思ってしまった瞬間から、クルマの世界だという絶対的主幹がすべて邪魔に見えてしまいました。

もし、次回作があるのならクルマの必然性をもっと生かしてほしい。
posted by yu-bear at 20:53| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ジョン・カーター」



55点/100点

<作品情報>
ジョージ・ルーカスやジェームズ・キャメロンの作品に構想のヒントをもたらしたエドガー・ライス・バローズの小説「火星」シリーズの最初の作品「火星のプリンセス」を映画化したファンタジー・アドベンチャー大作。『ウォーリー』の監督アンドリュー・スタントンが自身初となる実写映画にチャレンジし、地球から滅亡寸前の惑星“バルスーム”に迷い込んだ主人公の戦いを描く。主人公ジョン・カーターを演じるのは、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のテイラー・キッチュ。ほかに、リン・コリンズとウィレム・デフォーらが共演。最先端の映像技術で再現される、神秘的な宇宙と驚異の冒険から目が離せない。

1881年のニューヨーク、大富豪のジョン・カーター(テイラー・キッチュ)がこつ然と姿を消す。おいのエドガー・ライス・バローズに託された日記には、未知の惑星“バルスーム”でのジョン・カーターの驚きの体験がつづられていた。それは、全宇宙を支配しようとする“マタイ・シャン”によって滅亡の危機に直面していたバルスームが舞台で……。


CG はとてもお金がかかっていてすごいと思います。でもCG のすごさって一度スゴいものを観たら見慣れちゃうんですよね。この映画もアバターのCG を越えていないから圧倒されることはありません。

ストーリーはわかりやすいと思うんだけど、ヘリウムやらガタンガ?やら横文字が多く出てきてちょっとめんどくさい。そしてこの映画の一番良くないところは、娯楽SFアクションなのにラストが爽快感がないところ。あれこれで終わり?って感じでなんかもやもやする。まぁ三部作の第一章らしいからこうなったのかもしれないけど。

ディズニーの歴史に残る失敗作と言われるほどではないと思うけど残念な作品なのは間違いなし。

2014年視聴本数24本目
posted by yu-bear at 13:34| Comment(0) | アクション映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

「ハンナ」



48点/100点

<作品情報>
『つぐない』で第80回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナン主演のバイオレンス・アクション・ムービー。幼少のころから父親に相手を殺すための手段しか教わらなかった16歳の少女ハンナと、彼女を追うCIA捜査官との追走劇を描く。監督は、シアーシャと再びタッグを組んだ『つぐない』のジョー・ライト。ハンナを執拗(しつよう)に追う捜査官を、『アビエイター』『エリザベス』のケイト・ブランシェットが演じる。これまでのかわいらしい少女のイメージとは違い、冷酷なヒロインをスタイリッシュに演じるシアーシャの立ち居振る舞いに注目だ。

フィンランドの山奥で、元CIA工作員の父親に格闘に関するテクニックを教え込まれたハンナ(シアーシャ・ローナン)。彼女は、人の痛みを知らず感情を持たないまま16歳になる。すでに父親の戦闘能力を超えていたハンナは、ある任務のためにヨーロッパへと旅立つが、父親の同僚だったCIA捜査官のマリッサ(ケイト・ブランシェット)がしつこく追ってきて……。


ジョー・ライト監督、私はあなたに期待をしていたのです。ですが、見事に裏切られました。見事につまらない。

感想としては、「みんなのシネマレビュー」サイトの皆さんの意見と同じです。

●彼女は何故戦っているのか。
●なぜ信号を発信する必要があったのか。
●エリックは何がしたかったのか。

等々、曖昧な点が多すぎて意味がわからないまま終わりました。

たぶん私が思うに、ジョー・ライト監督は「つぐない」を撮影していたときに主人公のシアーシャ・ローナンに恋をしてしまったんです。彼女を中心に活躍する映画を作ろうってなって、アクション映画だったら彼女をたくさん映せるぞってことで、慣れないジャンルに手を出したんですね。それがこの結果です。うーん残念。

監督、今まで通りの作品でお願い!

2014 年視聴本数23本目
posted by yu-bear at 01:51| Comment(0) | アクション映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

「EVA エヴァ」



80点/100点

<作品情報>
2012年度ゴヤ賞(スペイン版アカデミー賞)にて、視覚効果賞ほか3部門受賞! 

■2012年度ゴヤ賞(スペイン版アカデミー賞)にて、視覚効果賞ほか3部門受賞! 
■予告編がカッコ良すぎる映画として日本でも話題になったスペイン産美少女アンドロイド SF映画

<ストーリー>
2041年、ロボット科学者アレックスは子供型アンドロイドの制作を始める。かつて憧れ、今は弟の妻となった女性の娘、エヴァにヒントを受け開発を進めるが、エヴァとアレックスの間には共通の秘密があった…。

すごく面白かった!まったく日本では話題にならなかったこともあってか近くのレンタル店には一本も置いてありませんでした。

カッコよすぎる予告編というクチコミに惹かれて、期待度なしで観てみたらまあ面白い。予告編ではスタイリッシュなCG が話題を呼んだと思いますが、私的にはこの映画の雰囲気がとても美しく感じました。しかし、なんといっても主演?の美少女クラウディア・ベガのかわいさが際立っています。この子を見れただけでもプラス10点です。



でも、この映画、美少女ロボットSFファンタジーみたいなキャッチコピーだったのですが、これでよかったのでしょうか。完全にネタバレしてます。まぁ誰もが気づくことだから問題はないという配給元の判断なのかな。
posted by yu-bear at 15:20| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ホビット 思いがけない冒険」



72点/100点

<作品情報>
J・R・R・トールキンの『指輪物語』を映画化した傑作ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の監督ピーター・ジャクソンが、その60年前の中つ国を舞台として描かれた『ホビットの冒険』を再び3部作として映画化するファンタジー超大作の第1弾。魔法使いのガンダルフに協力を求められ、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴン“スマウグ”に奪われたドワーフの王国を奪還する危険な旅に加わったホビット族のビルボ・バギンズが辿る壮大な冒険の行方を圧倒的なスケールで描き出す。主演は若きビルボ役のマーティン・フリーマンとガンダルフ役のイアン・マッケラン。また、ケイト・ブランシェット、イライジャ・ウッド、アンディ・サーキスら前3部作の主要キャストも多数再登場。 

ロードオブザリングで三部作を作って、なおかつ同じプロットでさらに三部作を作るという心意気が素晴らしい。さすがピータージャクソン!でも「乙女の祈り」のような映画はもう撮らないのかい?

さて今回の「ホビット」ですが、ロードオブザリングよりもわかりやすいと思います。基本的にはドワーフ達と共に旅に出て敵と戦うだけなので。前作のほうがエルフやらなんやらのサブストーリーがあった気がします。といってもほとんど覚えてませんが。

でもやっぱりロードオブザリングやこの「ホビット」は映画館でこそ楽しめる映画だと思います。大画面でビルボバギンスと一緒に旅を味わうからこそ満足感を得られるでしょう。テレビで観るとやっぱり長く感じてしまう。次回作の「ホビット 竜に奪われた王国」では最新鋭の撮影方法を使用しているようですからなおさら映画館で観てみたい!

来週観に行きたいな。

2014年視聴本数22本目
posted by yu-bear at 13:27| ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

「よりよき人生」



70点/100点

<作品情報>
レストラン開業を目指す若いカップルの夢と現実を通じ、人生において本当に大切なものを問い掛ける人間ドラマ。よりよき人生を夢見ながらも、借金地獄や移民問題など過酷な現実に翻弄(ほんろう)される男の姿を、『倦怠』『ロベルト・スッコ』のセドリック・カーン監督が容赦なく描き出す。常に前向きな主人公に、『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』のギョーム・カネ、彼と恋に落ちる移民のシングルマザーを『パリ、ジュテーム』のレイラ・ベクティが演じる。

自分のレストランを持つことを夢見るヤン(ギョーム・カネ)は、9歳の息子がいるシングルマザーのナディア(レイラ・ベクティ)と出会い恋に落ちる。ある日、湖畔で理想的な物件を見つけた彼はすぐに買い取り開店を目指すが、資金繰りに行き詰まり多額の借金を抱え込む。そんな状況から抜け出すため好条件の職場を探すナディアは、息子をヤンに託して一人カナダへ旅立つ。

前半から後半にかけては夢を叶えるために翻弄する男の話で、後半3分の1は母親に会うための家族の感動話という感じでした。

けっこう個人的には借金が徐々に膨らんでいく男の泥沼状態がとても痛々しく観るのが辛くなりました。フランスの社会問題でもあるんでしょうね。パリコレの華やかな世界だけではもちろんありません。

エンディングはピーターマラン主演の「思秋期」の雰囲気と似ていたかな。厳しい中にも家族の優しさが詰まった良作だと思います。

しかし、主演のギョーム・カネは世界一の美女マリオン・コティアールの旦那さんなんですね。なんてうらやましいことだろう。

2014年視聴本数21本目
posted by yu-bear at 11:19| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。