2009年01月13日

映画の見かた♪

                                                       『それぞれのシネマ』
untitle.bmp映画っていろいろな見かたがあると思います。

アクション映画だったら迫力あるアクションを楽しんだり、サスペンス映画だったら
ドキドキ感や謎解きを楽しむ。

わたしは人間ドラマが好きなのですが、どんなジャンルの映画もできるだけ
登場人物の感情や心理を感じ取りたいと思っているんです。

そうしたらきっと日常でも仕事の上司や同僚、または友達とコミュニケーションを
とる時に相手が何を考えてるのか、何を欲しているのかなどを敏感に感じ取ることができる気がするんです。                                        

せっかく大切な時間をつかって映画を観るのだからその時間をなにか生かせるものにしたいですよね。
私の場合は映画を観ることは、コミュニケーションを円滑にするための練習にもなっているんです^^

あとは、もっと作り手側の立場に立って映画を観ることができたら人生に生かせるなって思ってます♪

あなたはどんな映画の見かたをしていますか?

←応援クリックいただけたらもっと頑張ります!


ライブドア運営の恋愛・結婚支援サイト youbride





ラベル:映画
posted by yu-bear at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒースレジャーが熱演! 「キャンディ」

061031_candy_main.jpg今は亡きヒース・レジャーの作品です。

ドラッグに溺れた若い2人の日常を描いた、美しくも絶望的なラブストーリーです。

ドラッグをテーマにした作品はたくさんありますが、この作品がいちばん痛々しいですね。

多くの映画がドラッグの恐怖について描かれていますが、
そこにはなんとなくカッコよさが含まれていたりして、なんとなくですが違和感があったんです。070814_candy_sub1.jpg
もし自分がドラッグに興味があったとして、その映画を観たときに「やっぱり手を出すのやめよう!」ってなるかなって・・

以前、北野武さんが「HANABI」を監督した際にこんなことを言っていました。
「今のハリウッドのドンパチ映画には“痛み”がない。おいらは“痛み”を表現したいんだ。」と。 

この「キャンディ」は映画の中盤からずっと痛々しい現実を描いています。070814_candy_sub10.jpg
その現実は、きっとむかし学校なんかで見せられたドラッグの恐さについての映画なんかより、ずっと効果があると思います^^

「天国」「地上」「地獄」といった3部構成になっているのでとてもわかりやすく演出されています。

主役のヒース・レジャーとアビー・コーニッシュの熱演にグッと引き込まれますよ!

←応援クリックいただけたらもっと頑張ります!






posted by yu-bear at 11:17| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。