2009年01月27日

“ハイテンション”ホラー!!

もう一作品ホラー映画の紹介です。
タイトル名は「ハイテンション」!

【作品紹介】untitled00.bmp
壮絶な残酷描写が話題を集めたフランス産スプラッター・ホラー。女子大生のヒロインが友人の家で惨劇に遭遇、殺人鬼によってさらわれた友人を救出するため決死の戦いを挑む。主演は「スパニッシュ・アパートメント」のセシル・ドゥ・フランス。監督はフランス期待の新鋭アレクサンドル・アジャ。
 女子大生のマリーは親友のアレックスとともに、彼女の実家へと向かう。2人は都会の喧騒を逃れ、静かな田舎で試験勉強に励む予定だった。夜遅く、ようやく2人はアレックスの実家に到着する。だがその直後、謎の中年男が玄関に現われ、手にした刃物でアレックスの両親と弟を次々と惨殺したのだった。物陰に隠れ、必死で息を潜めるマリー。ところが、今度はアレックスが殺人鬼に捕まり、トラックで連れ去られようとしていた…。
「allcinema」さんより

まさにフランスホラーって感じですね^^
たぶんハリウッドではこのような展開やエンディングにはしないでしょう。

ラストはみんなが「え〜うそぉ、そんなんずるいわ〜」ってなると思います(笑)




ラベル:絶叫 ホラー
posted by yu-bear at 23:11| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガスヴァンサントの実験的映画 「ジェリー」

ガス・ヴァン・サント監督の実験的な異色ドラマです。

【作品紹介】large1.jpg
砂漠をドライブする2人の若者。彼らはその道中、休憩のために車を降りる。明らかに友人同士と思われる2人。彼らは何かドジった時、お互いを“ジェリー”と呼び合う。それは仲間うちの造語らしく、ダサい物事や行為などにも使っていた。そんな2人はおもむろに、人気のない寂寥感漂う荒野を歩き始める。散歩のつもりが、やがて道に迷い、いつしか本当に危機的に“ジェリー”な事態に陥る。それでもはじめはどこか気軽に受け止めて他愛のない会話をしながら歩き続ける2人。しかしいつまでたってもこの砂漠から抜け出せずにいると、2人もついには事の重大さを自覚し始めるのだが…。
「allcinema」さんより

とても美しい詩的な映像でした。やっぱりガスヴァンサント監督は素晴らしい作品を作るな〜と思うと同時に、やっぱり変わった監督だなとも思います^^

とはいえ新作が出るたびにレンタルしてしまう私はすでに監督のとりこになっています^^;

にほんブログ村 映画ブログへ  ←応援クリックいただけたらもっと頑張ります!


posted by yu-bear at 19:34| Comment(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。