2009年02月16日

世界で最も稼ぐ俳優ウィル・スミスの最新作! 「7つの贈り物」

ウィル・スミスの最新作「7つの贈り物」が2月21日(土)に公開します!

【作品紹介】untitled89.bmp
過去のある事件により、心に傷を抱えて生きる男、ベン・トーマス(ウィル・スミス)。彼は、ある計画をもって7人の見知らぬ他人を探し出し、自らの正体を明かさずに、彼らの人生を大きく変えていく…。彼の計画のためには、その7人でなければならない特別な理由があったのだ。トーマスの計画とは!? そして、その先にある彼の究極の目的とはいったい何なのか――? 感動作『幸せのちから』のガブリエル・ムッチーノ監督、ウィル・スミスが再びタッグを組み、男女の愛をロマンティックに描き出す。005.jpg
「cinemacafe.net」さんより引用

この映画はかなり気になりますね〜
今までのウィルスミス出演作とは全く違った味になってるらしいですから。
楽しみです!

←応援クリックいただければ嬉しいです♪





ラベル:ウィルスミス
posted by yu-bear at 21:34| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哀愁漂う大人のほろ苦いドラマ「ブロークン・フラワーズ」

2005年度のカンヌ映画祭でグランプリを受賞した映画「ブロークン・フラワーズ」です。

【作品紹介】wallpaper1_1024.jpg
生活には困らないが、『家庭を持つこと』に興味がもてないドン。昔はバリバリのプレイボーイだったが今はどこか落ちぶれた感も否定できない、いわゆる中年オヤジだ。そんな彼にの元に届いた一通のピンク色の差出人不明の手紙。そこで自分の子供の存在を知った彼は、心当たりのある数人の差出人候補の女性を点々と探し歩くことに。果たしてまだ見ぬ息子の母親は誰なのか?2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞を果たした、ちょっと大人のシニカルなドラマ。

過去に付き合った女性を訪ね歩くという、今までありそうでなかったストーリーが個人的はハマりました!

私も「あの時の彼女は今何をしているのだろう?」ってふと思うときあるんです。
なんか哀愁感たっぷりのビル・マーレイに自分を重ねながら面白おかしく見ることができましたね♪
(とはいってもビルマーレイとはかなり年の差がありますが^^;)

昔の彼女と再会して、もしかしたらもう一度イケそうかも・・って思っている中年ビルマーレイがたまらなくおかしかったです!
中年男性の哀愁や孤独感ってなんか面白いんですよね^^
でもやがて自分もこうなるんだろうなぁ〜

  ←応援クリックいただけたらもっと頑張ります!
posted by yu-bear at 02:58| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。