2009年02月27日

超一級密室心理劇!「テープ」

ビフォア・サンライズ」や「ウェイキング・ライフ」で若者の心をつかんで離さないリチャード・リンクレイター監督の心理サスペンス「テープ」のご紹介です。

40bfa01706a612aa.jpg【作品紹介】
ミシガン州ランシング。ヴィンセント(イーサン・ホーク)は同郷の友、ジョン(ロバート・ショーン・レナード)と再会を果たす。ジョンは映画監督となり、翌日行われる映画祭のため帰郷していた。ヴィンセントはカリフォルニアで消防士をしているが、裏ではドラッグの売人をして稼いでいる。昔話に花を咲かせるうち、ヴィンセントはジョンが忘れたい高校時代の出来事を話題にする。それは、かつてヴィンセントの恋人だったエイミー(ユマ・サーマン)のこと。実はこの夜、ヴィンセントはエイミーも呼び出していた…。
「映画生活」さんより引用

わたしはこのリンクレイター監督の映画が大好きでほとんどの作品を観ています^^
壮大なストーリーや映像などで感動する映画も好きですが、リンクレイター監督のような“言葉”によって楽しませてくれる映画はいつまでも心に残るんですよね^^(伝わってます?^^;)20060202_120526.jpg

今回の「テープ」に関しても、ワンルームに集まった3人の男女の会話のみで観ているものをグッと引き込ませます!

ほんとに面白い作品だとわたしは思います。
みなさんにもぜひ観ていただきたいですね♪
90分ほどの映画ですからとても観やすいです。

舞台化もされた映画ですからプロが認める完成度ですよ!

←応援クリックいただければ嬉しいです♪




posted by yu-bear at 19:26| Comment(1) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。