2009年03月31日

“男”として生きたかった実在の女性の物語「ボーイズ ドント クライ」

img_20060408T112748468.jpg【作品紹介】
1993年、ネブラスカ州フォールズシティを訪れた青年ブランドン(ヒラリー・スワンク)は、その地に住む女性ラナ(クロエ・セヴィニー)と恋に落ちる。しかし、やがてブランドンが性同一障害をもつ女性であることが発覚し、ラナの母親の恋人は怒りのあまり弟分とともにブランドンに襲いかかってしまう…。
男として生きようとしたがために悲劇を生んでしまった実在の女性をモデルにしたヒューマン・ドラマの秀作。まさに男と見まがうばかりの熱演を示し、観る者に強烈な印象を与えてくれるH・スワンクは、本作で見事アカデミー賞主演女優賞を受賞。
「amazon」より引用

映画の歴史には「マグダレンの祈り」や「モンスター」といった実在の人物を基にした映画が数多くありますが、その中でもこの「ボーイズ・ドント・クライ」は非常に悲劇的な作品です。
boys-dont-cry.jpg
とにかく観ていただきたい!の一言です。
ヒラリースワンクの最高の演技にみなさんもきっと涙を流すはずです。

←応援クリックいただければ嬉しいです♪


posted by yu-bear at 16:17| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

これは面白いアニメーション! 「パーフェクトブルー」

今回ご紹介する映画は日本のアニメ、ジャパニメーションです!
今敏監督の1998年度の作品「パーフェクトブルー」です。

1721.jpg【作品紹介】
キャラクター原案に江口寿史、大友克洋が企画に参加したサスペンス・アニメ。謎の人物のストーキングに怯えるアイドルの恐怖を描く。アニメで本格的な現代サスペンスに挑んだ意欲作であり、リアルな作画や狙われるアイドルの心理描写、そして画ではなく物語から恐怖を語った演出は目を見張るものがある。声の出演に岩男潤子、松本梨香。人気絶頂期にアイドル・グループから脱退し、女優に転身を図った美少女・未麻。ある日、彼女のもとに熱狂的ファンらしい人物から脅迫めいたFAXが届く。やがてその行為はエスカレートし、未麻は次第に身の危険を感じるが…。
FANT-ASIA'97 PUBLIC PRIZE THE BEST (グランプリ)受賞。
ファンタスボルト'98 ベストアニメーション受賞。
「yahoo映画」さんより引用

私はアニメというものをあまり見ないのですが、このアニメ映画は面白かったですね。

ストーリーは、ストーカーやインターネットを題材にしたサイコサスペンスなので、けっこう恐怖を感じるものだったのですが意外にのめり込んじゃいましたね^^;

あんまり期待していなかった分、ちょっと意外でした。

←応援クリックいただければ嬉しいです♪
ラベル:今敏 サイコ
posted by yu-bear at 23:15| Comment(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

ハリウッド映画とは思えない衝撃のラスト! 「ミスト」

emqlpaagt.jpg久々に精神的にショックを受けた映画のご紹介です^^;
今回は「ミスト」です。

【作品紹介】
「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」でスティーブン・キングの世界を見事に映画化したフランク・ダラボン監督が、映像化不可能と言われていたキングの傑作中篇「霧」に挑んだ意欲作。激しい嵐が過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが取れなくなってしまう。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめ……。原作とは異なる衝撃のラストが全米公開時に大きな話題を呼んだ。
「eiga.com」さんより引用

こんなラストカットをハリウッドがよく製作したなというのが率直な感想です。
ヨーロッパ映画にはこういった絶望的というか衝撃的なラストシーンというのはたまに見ることがあるんです。
329978view001.jpgでも、今回はハリウッドの大作と言ってもいいくらいの作品です。
しかも、監督は泣かせ屋フランク・ダラボン。

そんな監督が今回観客に表現したのは「感動」ではありませんでした。
フランクダラボン監督は、「ミスト」という映画を通して人間の“在り方”を観客に問いました。
その答えや疑問をラストシーンに込めたと思うのです。

劇中に正体不明のモンスターが出てきますが、それらは単なるきっかけにしかすぎませんでした。
その出来事によって人間の性質がどんどん浮き彫りになっていきます。
その人間描写はまるで世界の縮図をみるようでとてもリアルです。

私はこの映画を最後まで観てキャッチコピーそのままの事を思いました
「このラストを観て自分は一体何を思えばいいんだ?」と。

すでにご覧になった方も多いと思いますが、観ていない方はぜひチェックしてみてください^^

普通のホラー映画と思ってみたら、度肝を抜かれると思います!

←応援クリックいただければ嬉しいです♪
posted by yu-bear at 19:55| Comment(0) | パニック映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

「クラッシュ」 極上の人間ドラマ!

【作品紹介】T0004013.jpg
ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差別主義者の白人警官は、裕福な黒人夫婦の車を止めていた。階層も人種も違う彼らがぶつかり合ったとき、悲しみと憎しみが生まれる。その先に、あたたかい涙はあるのだろうか。
「goo映画」さんより抜粋

この映画は出演陣の豪華っぷりがすごいですね。
サンドラブロック、マットディロン、ドンチードル等々・・
そしてその方々の演技力がまたすごいんです!
2時間ずっとこの「クラッシュ」の世界に引き込まれてしまいました。
322654view012.jpg
実際私はこの映画を観て私は3回泣いてしまったんですけど、とくに号泣してしまったシーンがあるんです。

そのシーンは、平凡でとても幸せそうな家族がいるんですけど、ある誤解から初老の男性に少女をピストルで撃たれてしまいます。
でも少女は死ななかったんです。
そのあとにつぶやく少女のセリフがたまらないのです!

322654view002.jpgこのシーンだけ見たくて、この映画3回は観ましたね(笑)

いろんな人間模様があって、本当に感動します^^

「人は本当はぶつかり合いたいんだ。」というメッセージ性にとても共感しました♪

←応援クリックいただければ嬉しいです♪





posted by yu-bear at 10:48| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

松本人志第二回監督作品ついに発表! 「しんぼる」

T0007439a.jpgダウンタウンの松本人志さんが企画・監督・主演をする長編映画第2弾「しんぼる」の製作発表が、先日19日沖縄国際映画祭の会場で行われました。

内容は閉じ込められた男が脱出を図り、そこでいろんな出来事に巻き込まれていく、といったストーリーだそうです。
松本さん本人以外はほとんど出演しないそうで、言語もほぼないそうです。

前作「大日本人」の出来に私は大満足しているので今回も期待しています!

映画の公開は2009年の秋を予定しているそうですよ^^


ラベル:松本人志 映画
posted by yu-bear at 16:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

映画史上最も心揺さぶられる愛の物語 「ブロークバック・マウンテン」

20060611_179040.jpgこの映画こそまさに映画史に刻まれていることでしょう。
「ブロークバック・マウンテン」のご紹介です。

【作品紹介】
保守的なアメリカの西部で、20年以上にも渡って男同士の愛を貫いた2人の“普遍の愛”を描く人間ドラマ。2005年のヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞したほか、数々の映画賞にノミネートされている話題作。主演はヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが20歳から40歳までの年齢も繊細に表現した演技を見せる。監督は『グリーン・ディスティニー』のアン・リー。ブロークバックの山々を美しく映し出した映像にも注目。
「yahoo映画」さんより引用

N0008194.jpg一言でいってしまえばゲイのカウボーイ映画なのですが、その内容が素晴らしいこと!

ヒースレジャーがまたしてもこの映画で魅せてくれています!
なんでこんなに演技が上手いんだというくらい上手いと私は思います。

本当に惜しい人を亡くしてしまいましたね。
でもこの映画や「ダークナイト」での彼の演技は必ず観る人たちの心を掴むはずです。
天国でもきっと名演技を披露しているはずです♪

愛する人といつも映画を見ている方は、たまには一人でこの映画を鑑賞して、愛についていろいろ考えてみるのもいいかもしれませんよ^^

←応援クリックいただければ嬉しいです♪


posted by yu-bear at 17:59| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

切なすぎるラストシーン!「シャンドライの恋」

shandurai.jpg今日のおすすめ映画は、「ラストタンゴ・イン・パリ」や「ラストエンペラー」で有名なイタリアの巨匠ベルナルド・ベルトリッチ監督の作品「シャンドライの恋」です。

【作品紹介】
アフリカで幸せに暮らしていたシャンドライは、愛する夫が政治犯として投獄されたのを機にイタリアへ渡り、家政婦として働きながら大学で医学を学んでいた。
屋敷の主人、キンスキーは英国人音楽家。2人はほとんど言葉を交わさなかったが、働き者の彼女にキンスキーは好意を持ち始める。夫のことを知らない彼はついに思いを告白するのだが…
イタリア映画界の巨匠、ベルトルッチ監督の作品。アフリカ育ちの女性と、英国人音楽家との微妙な恋心を独特の美しい映像と音楽で描く。
「goo映画」さんより引用

shandurai01.jpgサンディ・ニュートンの美しさが見物でもあるこの映画なのですが、なんといってもラストシーンの素晴らしさに脱帽です!

この最高に切なくて最高に美しいラストシーンは本当にみなさんに見ていただきたいですね^^
このシーンのためにこの映画があると言ってもいいくらい。
正直映画の中盤はながったらしく感じるかもしれませんから^^;

まさにミニシアター系の映画ですから珠玉の名作という感じです♪

posted by yu-bear at 16:37| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

世界が認める天才監督キムギドクの作品 「悪い男」

mo2427.jpgわたしはこの「悪い男」という映画を観てキム・ギドク監督のとりこになってしまいました^^
それ以来ほとんどの作品を観ているのですが、この「悪い男」はキムギドク映画の中で1,2位を争うほど大好きな作品です!

【作品紹介】
本国・韓国で空前の議論が巻き起こった衝撃のラブストーリー。『魚と寝る女』の鬼才キム・ギドクが、相手を傷つけることで愛情を表現しようとする男と、彼によって人生を狂わされる女の屈折した純愛を綴る。鮮やかな色彩や光と闇を駆使したスタイリッシュな映像美も必見。
「yahoo映画」さんより抜粋

初めて観た時はちょっと衝撃的でしたね。
こういう恋愛があっていいものなのかと・・
韓国で物議を醸しだし賛否両論になった映画であることは理解できます。

ただ個人的にはこういった偏った愛情の表現が好きなので好感が持てる映画なんです。
誤解を受けてしまうかもしれませんが、その愛情表現の中に見え隠れする“分かち合い”のようなものがイイんですね^^

ラブラブチュッチュな恋愛映画も好きですが、こっちのほうがホンモノの愛かなとも思ってます。
(愛の事なんてわかりっこないですけど^^;)

キム・ギドク監督は“韓国の北野武”と呼ばれているそうですよ。
たしかに色彩や砂浜のシーンなど似ているシーンがありますね。

みなさまもキム・ギドクという監督をぜひチェックしてみてください♪

←応援クリックいただければ嬉しいです♪

ラベル:キムギドク
posted by yu-bear at 19:38| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

男なら絶対泣く! 「ブレイブハート」

【作品紹介】D110669878.jpg
13世紀末のスコットランド、残虐で冷酷なイングランド王エドワード1世の侵略によって家族を殺害されるも難を逃れたウィリアム・ウォレス。成人して彼は故郷に戻り、そこで幼なじみのミューロンと恋に落ち、結婚する。しかし彼女はイングランド兵の手によって殺害され、ついに彼は復讐を決意、圧政に苦しむスコットランドの民衆の支持もあり、彼の抵抗運動は熱を帯びていくのだが…。
1995年度のアカデミー音響効果賞、アカデミー作品賞、アカデミーメイクアップ賞、アカデミー監督賞、アカデミー撮影賞を受賞。
「ウィキペディア」より抜粋

私はこの映画を4回くらい観ているはずなんですが、毎回観るたびに必ず泣いてしまうんです。
しかも号泣^^;
男の生きざまを感じる映画はどうも弱いんですね。

メルギブソン演じるウィリアム・ウォレスは自由のため、民衆のために信念を曲げることはしません。
映画の終盤ウィリアムウォレスが拷問を受けながら「フリーダーム!!」と叫ぶシーンは嗚咽が出るほど泣いてしまいます。

真の男になるにはこれを観るべし!!

←応援クリックいただければ嬉しいです♪
posted by yu-bear at 18:47| Comment(2) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ちょっと過激な愛の形「ショートバス」

とても可愛らしいニューヨークの街並みと個性的なキャラクターたちが魅力の「ショートバス」♪
おススメの映画ですよ!

【作品紹介】T0005388.jpg
ニューヨークを舞台に、人とのつながりや愛を求めてさまよう男女7人の姿を見つめたヒューマンドラマ。監督は前作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』が大絶賛されたジョン・キャメロン・ミッチェル。2006年のカンヌ映画祭をはじめ、世界各国の映画祭で話題を呼んでいる。出演はラジオDJとしても活躍するカナダ出身のリー・スックインら。リアルで過激なセックスシーンと、その裏に込められた愛と希望のメッセージに注目だ。
「yahoo映画」さんより引用

前作の「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」が最高だったので、新作を待ち望んでいました^^

つくづく思うことですが、ジョン・キャメロン・ミッチェルのようなゲイの方々というのは、なんというか表現方法が優しいと思うのです。
人一倍傷ついた恋愛をしているのか、人に対して心ない接し方をする方を私は見たことはないんです。
きっとジョンキャメロンミッチェル監督もすでに誰もが共感できる愛の形というのを理解しているのだと思います^^

みなさんもぜひこの映画チェックしてみてください♪

公式HPもとても可愛らしいですよ揺れるハート

しかし、とても素敵な愛の形が観れる映画なのに、近所のレンタルビデオ店ではアダルトコーナーに置かれていたのがとても残念でした(苦笑)

←応援クリックいただければ嬉しいです♪
posted by yu-bear at 12:23| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魂の演奏! 「4分間のピアニスト」

FDB-31739.jpg・・最後の4分間・・

・・目をそらさず観てください・・



ほんとに・・すごい・・


公式HPはこちらです♪

posted by yu-bear at 05:41| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

ニコラスケイジがアル中を熱演!映画史に残る恋愛物語 「リービング・ラスベガス」

恋愛映画の中で一番好きといってもいいくらい大好きな映画「リービング・ラスベガス」♪75145750.jpg

みなさんはこの映画を知っていますか?
1995年にアメリカで製作され、アカデミー賞主演男優賞をはじめとして数々の賞に輝いた名作です!

【作品紹介】
退廃の街ベガスを舞台に、アルコール依存症の男と娼婦の短くも激しい愛の姿を綴る。J・オブライエンの原作を基に、「背徳の囁き」のM・フィギスが脚色・監督、それに音楽までも担当した渾身の一作。重度のアルコール依存症のために映画会社をクビになった脚本家ベンは、ハリウッドでの生活を処分してベガスへ向かう。そこで死ぬまで酒を飲み続けようというのだ。だがベンは街で出会った娼婦サラに惹かれ。やがて、ベンとサラは同居生活を始めるが……。
「yahoo映画」さんより引用

この映画はいつまでも忘れることはありません。
私自身の映画史に刻まれています。

絶望的で退廃的な愛の形なのですが、そこには平和的な恋愛では遠く及ばない理解の世界があります。
そしてそれは大人の方なら必ず理解できる愛の表現だと思うのです。

偉そうなことは語れませんが、最高の恋愛映画であることは保証します!
ぜひおススメですよ^^

いや〜この映画を観ると川島英五さんの「酒と泪と男と女」が聞きたくなるんです。

や〜がて男は〜しずかに眠るの〜でしょう♪

←応援クリックいただければ嬉しいです♪
posted by yu-bear at 21:55| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ハンガリー発風変りな異色作! 「タクシデルミア 〜ある剥製師の遺言〜」

今回の作品は、私が大好きなデヴィッド・リンチ的な映像表現がとても魅力的で、その世界観にぐっと引き込まれる「タクシデルミア〜ある剥製師の遺言〜」のご紹介です。 

【作品紹介】T0005752a.jpg
ハンガリーの作家ラヨス・パルティ・ナジの短編小説を基に描かれる、ダークファンタジーの要素が盛り込まれた壮大な家族の物語。祖父から父、そして孫の3世代に渡り受け継がれる、ちょっと風変わりな男たちの人生を激動の歴史とともに描く。監督はデビュー作『ハックル』で一躍有名になった新鋭のパールフィ・ジョルジ。不気味さの中にどこか突き抜けた明るさを漂わせる不思議な物語は必見。
「yahoo映画」さんより引用

ハンガリー映画はおそらく初めての鑑賞になります。
そしてこの映画の率直な感想は、「すごい映画が現れたな〜」って感じですね^^;21c26b2d9bf8f920.jpg

この映画を見たら前作の「ハックル」がすごく観たくなりました!

目を覆いたくなるシーンが数多くあるんで女性の方はちょっと注意して見てくださいね。
でも「ピンク・フラミンゴ」よりはマシです(笑)

しかしこういう不思議な映画ってほんと観ずにはいられないんですよね〜

←応援クリックいただければ嬉しいです♪

posted by yu-bear at 21:23| Comment(2) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

映画賞総ナメ!重厚な人間ドラマ 「アモーレス・ペロス」

d27eb905fa1fbca6.jpg
私の大好きな映画「アモーレス・ペロス」のご紹介です☆
監督はメキシコ出身のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥです。
菊池凛子さんが出演した「バベル」の監督として日本でも話題になりましたね。
そんなイニャリトゥ監督の衝撃デビュー作です。

【作品紹介】
2000年度のカンヌ国際映画祭批評家週間グランプリや、東京国際映画祭グランプリおよび監督賞など多数の受賞歴に輝く、新世代のアレハンドロ・ゴンザレス監督によるメキシコ映画。強盗の兄の妻を愛してしまった弟、交通事故で足を切断しなければならなくなったモデル、そして元大学教授でありながら殺し屋にまでおちぶれた老人と、メキシコ・シティを舞台にした狂おしい愛の悲劇が3話のオムニバス構成で描かれていく。amo03.jpg
「Amazon.co.jp」さんより引用

イニャリトゥ監督は、この「アモーレス・ペロス」にしても、「21グラム」にしても最高のヒューマンドラマに仕上げてくれます!
どの作品も痛々しいほど重厚なので、繰り返し観るにはちょっと疲れてしまうかもしれませんが、いつまでも心に残る映画です。

個人的にはこのデビュー作が一番好きですね^^

←応援クリックいただければ嬉しいです♪

posted by yu-bear at 23:04| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。