2009年04月01日

日本未公開の一級サスペンス! 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」

今日の映画はデニス・ルヘインの原作『愛しき者はすべて去りゆく』の映画化作品「ゴーン・ベイビー・ゴーン」です!

4959241936691.jpg【作品紹介】
デニス・ルヘインの原作ミステリーを映画化したベン・アフレックの長編監督デビュー作。下層階級が住む小さな街で起こった4歳の少女誘拐事件の捜査を依頼された私立探偵・パトリックとアンジー。だが事件の裏には予想を越えた深い闇が広がっていた…。
「amazon」より引用

ベンアフレックの長編監督デビューなのですが、初とは思えないほどよくできていると思います。
単純に面白かったです♪
日本の劇場未公開にするのはもったいないくらいでした。

ハッピーエンドでもバッドエンドでもないエンディングはきっと賛否両論だと思いますが、こういった正解がないことというのは世の中にたくさん存在しますからこれはこれでよかったんだと思えるのです。

さまざまな人間が複雑な感情を持ち合わせたまま映画は進んでいきますが、劇中でエド・ハリスがパトリック(ケイシー・アフレック)にある言葉を発します。
何気ない言葉なのですが、きっとこの言葉がこの映画のメッセージだと思うのです。

「後悔はするな!」と。

何が幸せと呼べるのか、ちょっと難しいことを考えてみたい方はこの映画はおススメかもしれませんよ^^

★動画見放題!BROBAお試し0円



posted by yu-bear at 13:25| Comment(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。