2009年12月17日

ホラー映画の新時代到来!? 「屋敷女」

images.jpg  images.jpg  images.jpg

【作品紹介】
クリスマスイブの夜、4ヵ月前の事故で夫を亡くした出産直前の妊婦サラ(アリソン・パラディ)に元に謎の女(ベアトリス・ダル)が訪れる。4ヶ月前の事故を詳細に知る謎の女に大きなハサミで襲われ、理不尽な恐怖の中、陣痛がサラを襲う。サラの人生最悪の夜はまだ始まったばかりだった・・・フレンチ・バイオレンス・ホラー。
TSUTAYA DISCAS”より引用

この映画は面白かった!そしてグロかった・・

ストーリーは、妊婦であるサラの自宅にある女性があらわれ、映画史に残るような壮絶な惨劇が家の中で行われます。

一見この展開は低予算で十分に作れるはずです。しかし、決して甘えていない。VFX、サウンド、演出などホラー映画としての完成度が非常に高いんです。

この映画を見たい方ががっかりしないために、少しネタをお教えしますと、冒頭で自動車事故が起こるんです。そして、次のシーンが「4ヶ月後・・」となる。いわゆるシックスセンスと同じ始まり方です。

私はこの展開を見たときに、「あっもしかしたら夢オチかな・・」と思ったんです。でも、安心してください。

夢オチではありません。

ホラー映画はどんでん返しのオチが多いですが、この映画は違いました。まさに、「直球」。
絵画を見ているような、芸術性を感じるラストカットで幕を閉じるのです。

私はこの映画を見て、ホラー映画を一つ上のレベルに引き上げたような印象を受けました。

しかし、キャッチコピーに記されている通り、妊婦の方は絶対観ない方がいいですね^^;
あまりにもショックが大きすぎると思います。


posted by yu-bear at 14:45| Comment(4) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。