2009年12月26日

ウィルスミスの新境地!「7つの贈り物」

nanatsunookurimono.jpg  20090225_610311.jpg

【作品紹介】
ウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が採る謎めいた行動の行方とその衝撃の真相を描く。共演は「シン・シティ」のロザリオ・ドーソン。互いに全く関係のない7人の名前が載ったリストを手にしている男、ベン・トーマス。彼はその7人に近づき、彼らの人生を調べ始める。その動機は全く不明。だが、ある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうと考えているようなのだが…。
TSUTAYA DISCAS”より引用

この映画は賛否両論が多いですね。
批判的な意見の方が多いかもしれません。

この映画はテーマは「贖罪」なんです。

そのため、「善悪」や「死」、「責任」など簡単には答えが出せない問題も含まれてくる。

だから、きっと評価するのが難しいのではないでしょうか。

私はこの映画はいろいろ言葉にするのではなく、心のすみにそっとしまっておくべき映画だと思います。

個人的には好評価でした。


posted by yu-bear at 18:36| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。