2010年01月03日

2010年最高の感動超大作! 「ラブリーボーン」

sub3_large.jpg  kari-main_large.jpg  sub2_large.jpg

【作品紹介】

私は14歳で殺された―。
これは、私が天国に行ってからのお話。

家族と幸せに暮らしていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で何者かに襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、この事件をきっかけに家族は崩壊していく。父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛する娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。そんな家族の様子を天国から見守るスージーは必死に現世に声をかけ続ける…。
スティーブン・スピルバーグと『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のアカデミー賞(R)受賞監督ピーター・ジャクソン。映画界最高のふたりが初めてタッグを組んだ、2010年最高の感動超大作。原作は、世界30カ国以上で1000万部以上を売り上げ、出版界に一大センセーションを巻き起こした驚異の大ベストセラー。
悲劇を乗り越えた先にある、少女と家族の想いが起こす奇跡に、世界中が涙に包まれる――。

「ラブリーボーン公式サイト」

2010年1月29日(金)公開の超期待作です!

監督はピーター・ジャクソン。
「ロード・オブ・ザ・リング」で一躍有名になった監督ですね。

この監督いまや大作といわれる映画しか撮らないようになってしまいましたが、「ロード・オブ・ザ・リング」以前は、カルト的映画で人気を博していました。

個人的に「乙女の祈り」なんかは衝撃的ですごく面白かったです。

そんなピータージャクソン監督が撮った今回の作品「ラブリーボーン」は個人的に最高傑作ではないかと予想しています。

予告編を見ているだけで感動してしまいそうです。

主演は「つぐない」で見事な演技力と妖精のような清楚な容姿でアカデミー助演女優賞を獲得したシアーシャ・ローナン。彼女が本当にかわいらしい!

この映画や彼女のことを知らない方はぜひ予告編をご覧になってください♪

<ラブリーボーン予告編>



posted by yu-bear at 13:52| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。