2014年03月13日

「よりよき人生」



70点/100点

<作品情報>
レストラン開業を目指す若いカップルの夢と現実を通じ、人生において本当に大切なものを問い掛ける人間ドラマ。よりよき人生を夢見ながらも、借金地獄や移民問題など過酷な現実に翻弄(ほんろう)される男の姿を、『倦怠』『ロベルト・スッコ』のセドリック・カーン監督が容赦なく描き出す。常に前向きな主人公に、『フェアウェル さらば、哀しみのスパイ』のギョーム・カネ、彼と恋に落ちる移民のシングルマザーを『パリ、ジュテーム』のレイラ・ベクティが演じる。

自分のレストランを持つことを夢見るヤン(ギョーム・カネ)は、9歳の息子がいるシングルマザーのナディア(レイラ・ベクティ)と出会い恋に落ちる。ある日、湖畔で理想的な物件を見つけた彼はすぐに買い取り開店を目指すが、資金繰りに行き詰まり多額の借金を抱え込む。そんな状況から抜け出すため好条件の職場を探すナディアは、息子をヤンに託して一人カナダへ旅立つ。

前半から後半にかけては夢を叶えるために翻弄する男の話で、後半3分の1は母親に会うための家族の感動話という感じでした。

けっこう個人的には借金が徐々に膨らんでいく男の泥沼状態がとても痛々しく観るのが辛くなりました。フランスの社会問題でもあるんでしょうね。パリコレの華やかな世界だけではもちろんありません。

エンディングはピーターマラン主演の「思秋期」の雰囲気と似ていたかな。厳しい中にも家族の優しさが詰まった良作だと思います。

しかし、主演のギョーム・カネは世界一の美女マリオン・コティアールの旦那さんなんですね。なんてうらやましいことだろう。

2014年視聴本数21本目


posted by yu-bear at 11:19| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サイレントヒル リベレーション」



38点/100点

<作品情報>
コナミの人気ホラーアドベンチャーを映画化した「サイレントヒル」(2006)のシリーズ第2作。幼いころの記憶がなく、サイレントヒルという謎の町で何かに追われる悪夢にうなされる少女ヘザーは、父親に守られるようにして各地を転々としながら生活していた。しかし、18歳の誕生日が近くなったある時、「サイレントヒルに来い」という血文字だけを残して父親が姿を消してしまう。ヘザーは父親の後を追い、不気味な霧に包まれた町、サイレントヒルにやってくるが、町に足を踏み入れるとサイレンが鳴り響き、闇の中で何かがうごめきはじめる。そこでヘザーは、自身の忌まわしい過去と向き合うことになる。

これはゲームの映画ということなら良くできていると思います。ただこれは映画ではない。

アビゲイル・ブレスリンに似た名前のアデレイド・クレメンス目当てで観たのですが、映画としてはとても面白くない。

私はサイレントヒルを観たことはありますが内容をすっかり忘れていました。なので、登場人物が誰で、どんな過去があったのかなどついていけない所が多々あり。続編ではありますが、一作目を観ていないと楽しめない映画ってどうなんだろ。まぁ観ていても楽しくなかったけど。

特にわからないのが、最後の格闘シーンで異形女と三角頭の奴が戦うのですが、なんで戦っているのかわからない。いかにも悪そうな三角頭がほんとはいい奴なの?となんの解説もなし。

映像はとても凝っていて3Dで観たら迫力はあるんでしょうね。でも大音量で驚かせる映画はホントに卑怯だと思う。誰でも驚くじゃん笑

なんだかとてもイライラした映画だったな。気を取り直して違う映画観よう。

2014年視聴本数21本目
posted by yu-bear at 01:32| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。