2014年03月18日

「宇宙人ポール」



85点/100点

<作品情報>
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などで絶大な人気を誇る迷コンビ、サイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディー。陽気な宇宙人とオタクの青年2人が繰り広げる珍道中を、『未知との遭遇』『E.T.』など過去の傑作SFへのオマージュをちりばめて描く。宇宙人ポールの声を、『グリーン・ホーネット』のセス・ローゲンが担当するほか、『エイリアン』シリーズのシガーニー・ウィーヴァー、『E.T.』などのスティーヴン・スピルバーグ監督がカメオ出演しているのも見逃せない。

SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。その途中彼らは、ネバダ州の「エリア51」でポールと名乗る宇宙人と遭遇する。そしてポールを故郷に帰すため、悪戦苦闘の日々が始まり……。


面白かった!
やはり、サイモンペッグとニックフロストのコンビは最高です。何がツボにはまるのかわからないけど、面白くないわけがないと思わせる彼らの存在は稀有ですね。

彼らとコンビを組むことが多いエドガーライト監督は今回関わっていないみたい。でもなんとなく監督臭がしたのはきっと彼らの存在が原因でしょう。

感想としては、ハラハラドキドキがあって、しんみりするシーンがあって、というようなギャップのある映画ではなく、抑揚は穏やかだけど、すべての出来事、シーンが高い水準をキープしている出来映えになっています。

こういった比較的軽いタッチの映画は、人が死なない方がいいかな。不用意に人が死ぬことによって、映画自体に雑味と濁りが混じってしまうような気がします。死んでしまった人たちは悪いことをしていたわけではないからよけいイヤな気分になってしまった。

でも、不満な点はそれくらいで何度も繰り返し観たい最高の映画です。

2014年視聴本数25本目


posted by yu-bear at 03:04| Comment(0) | コメディ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。