2008年12月02日

「リトル・ミス・サンシャイン」

untitled1.bmp最初はたんなるフツーの家族モノ映画かなって思ってました。ミニシアター系の家族モノってけっこう変に真面目で、泣かせるようにつくってあることが多いですよね。

でもこの映画は違います!

感動させることや笑わせようとすることをむりやり狙ってはいません。

でもかなり可笑しいです!

なにせこの家族おのおのが個性がありすぎるんです。

自己啓発中毒のパパ、失恋して自殺未遂したゲイ、ニーチェに触発されて一切しゃべらない兄、エロじーさん、ミスコン優勝に憧れる妹、そして、家族をまとめることに奮闘するママ。

あまりにキャラクターが強すぎるメンバーばかり。

ストーリーはミスコンに出場する妹のために、家族みんなで会場に向かうプチロードムービーです。

見どころは車の中で繰り広げられる家族の会話。これが最高です!

そして、9か月無言のままの兄ポール・ダノの演技はいいですね。
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のちょっと狂った演技といい彼は今後も見逃せません!

この映画の家族は、人生につまづきながらもみんな好きなように生きています。やりたいこと、好きなことをやって何が悪いんだっていうメーセッジが込められているような気がしました。

思いっきりスッキリしたい!!って思っている方には肩の荷がおりてストレス発散になると思いますよ。

←応援クリックいただけたらもっと頑張ります!

《PR》パチンコ&パチスロ攻略法の存在が明らかに!?

無料攻略資料に攻略DVDがついてくる♪






posted by yu-bear at 00:48| Comment(1) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。
シネマ犬さんのレビュー見て面白そうなので、
見てみました。
いやー、見てよかったです。
すごい泣けるでも、すごい笑えるでもないですが、
気持ちいい映画ですね。
今後も楽しいレビュー楽しみにしてます。
頑張ってください!
Posted by サイ at 2009年02月23日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。