2008年12月21日

「イージーライダー」

I080139294.jpg今回はアメリカン・ニューシネマの代表作「イージー・ライダー」です。

非常に時代を感じる映画だなというのが率直な感想なんですが、この映画の監督兼脚本&主役のデニス・ホッパーと、製作者でもあるピーター・フォンダがすごくこの映画を撮りたかったんだなっていうのが伝わってきます。

バイクを乗り回し、カントリーロ−ドを楽しげに走る二人の姿はまさに「自由」です!

ちょ〜かっこいいです^^

そこに一級モノの音楽が流れるわけですから、観ているこちらも楽しくなってきます!

ただ、この映画はすごく時代を映し出すメッセージ性を込めた作品だと思うのですが、その時代のアメリカの背景がわからないので十分に理解ができなかったのが残念でした。

でも、そんなの関係ねぇ〜(古いですよね^^;)というくらい、二人の振る舞いがかっこよくて憧れてしまいます。

その姿を見るだけでも一見の価値ありです!







【関連する記事】
posted by yu-bear at 00:59| Comment(0) | ロードムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。