2009年01月24日

心温まる!泣ける!最高傑作!「ライフ・イズ・ビューティフル」

untitled50.bmp【作品紹介】
カンヌ映画祭で審査員グランプリに輝いた、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演の感動作。ナチの強制収容所に収監されたある一家の物語を、ユーモラスかつ温かな視点で描く。“イタリアのチャップリン”と称される、ベニーニのユーモアと哀しみを交錯させた演出が秀逸。1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。彼の純粋さに惹かれた彼女は結婚を承諾。やがて可愛い息子も生まれ、3人は幸せな日々を送っていた。そんなある時、彼らに突然強制収容所への収監命令が下る。母と引き離され不安がる息子に対し、グイドは嘘をつく。「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点。いい子にしていれば点数がもらえて、1000点たまったら勝ち。勝ったら、本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだ!」
「yahoo映画」さんより 抜粋

前にもご紹介した「ライフイズビューティフル」なのですが、最高に素晴らしい作品なのでもう一度紹介させてください。

あの毒舌の松本人志さんがこの作品を10点満点と評価したり、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世も大好きな映画なんだそうです。

99年アカデミー賞3部門(主演男優賞/外国語映画賞/作曲賞)を受賞し、98年にカンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞しています。
世界各国で47部門の賞に輝いたイタリア映画「ライフイズビューティフル」。

心温まり泣ける最高の映画♪かなりおすすめです!
TSUTAYA DISCASで今すぐ借りてください!

にほんブログ村 映画ブログへ  ←応援クリックいただけたらもっと頑張ります!




posted by yu-bear at 18:54| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。