2009年02月01日

1980年狂気の衝撃作!「ポゼッション」

とてつもなく変わった映画「ポゼッション」のご紹介です^^;

【作品紹介】untitled55.bmp
長い単身赴任生活を終え、妻アンナの元に帰ってきたマルクを迎えたのは、妙に冷たい態度の彼女だった。やがて妻の不倫相手ハインリッヒと対峙したマルクは、彼からアンナの“3番目の相手”の存在を聞かされ愕然とするが……。「私生活のない女」「狂気の愛」など一人の女性を中心に据え、その愛と狂気の両極性を描いてきたズラウスキー監督が、1980年に発表した作品。全身を震わせ、体液を絞り出すような嘔吐や、自らの妄想が生み出した魔物との性交シーンなど、I・アジャーニの際立った演技が光る。
「eiga.com」さんより

ストーリーは今までにもあるような事だったりするのですが、とにかく演出がぶっ飛んでます!「なんじゃこれ!」といったモノが出てきたり、主演女優のイザベル・アジャーニの演技がもうイッちゃってたりするんですね^^;
たしか小学生の時に初めて見たような気がするんですが、今思うとあの年齢で見るモンじゃないですね^^; untitled56.bmp
刺激が強すぎます。特にイザベルアジャーニが駅の中で「うぇ〜うぇ〜」って叫びだしたり、嘔吐したりするシーンは一生忘れないと思います・・
あのシーンは今まで見た映画の中で一番衝撃でしたね^^;

もしレンタル店に置いてあったらぜひ借りて見てくださいね。

にほんブログ村 映画ブログへ  ←応援クリックいただけたらもっと頑張ります!





posted by yu-bear at 20:54| Comment(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。