2009年02月03日

あいつが許せない!と思った時に見る映画 「息子のまなざし」

ベルギーとフランスが共同制作した「息子のまなざし」という映画のご紹介♪

【作品紹介】
untitled9.bmp職業訓練所で木工を教えるオリヴィエ。彼はある事件以来、心を閉ざして他人を受け入れられなくなっていた。そんなある日、フランシスという少年が訓練所に入所してくる。彼は木工のクラスを希望したが、オリヴィエから手一杯だという理由で断られた。だが翌日、フランシスが気になるオリヴィエは、自分のクラスで彼を受け持つことに。また、何故かフランシスへの尾行も始めたオリヴィエは、その後別れた妻マガリのもとへ。そしてフランシスの事を話すと、彼女に激昂される。フランシスは、実は彼らの幼い息子を殺した張本人だった…。
「yahoo映画」さんより引用
untitled87.bmp
この映画の素晴らしいところはラストカットですね。このカットを撮るためにこの映画が存在していると言ってもいいくらい。 
ラストまでほとんど主人公オリヴィエの背中からカメラを回しているんです。そして最後に初めて正面から映す・・
その撮影のしかたによってオリヴィエの心の変化がはっきりとわかるんですね^^

音楽もなくセリフも少ないまま淡々と進んでいく映画なので好みがはっきりと分かれると思いますが、個人的には大好きな映画でした♪





posted by yu-bear at 23:14| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。