2009年03月13日

ニコラスケイジがアル中を熱演!映画史に残る恋愛物語 「リービング・ラスベガス」

恋愛映画の中で一番好きといってもいいくらい大好きな映画「リービング・ラスベガス」♪75145750.jpg

みなさんはこの映画を知っていますか?
1995年にアメリカで製作され、アカデミー賞主演男優賞をはじめとして数々の賞に輝いた名作です!

【作品紹介】
退廃の街ベガスを舞台に、アルコール依存症の男と娼婦の短くも激しい愛の姿を綴る。J・オブライエンの原作を基に、「背徳の囁き」のM・フィギスが脚色・監督、それに音楽までも担当した渾身の一作。重度のアルコール依存症のために映画会社をクビになった脚本家ベンは、ハリウッドでの生活を処分してベガスへ向かう。そこで死ぬまで酒を飲み続けようというのだ。だがベンは街で出会った娼婦サラに惹かれ。やがて、ベンとサラは同居生活を始めるが……。
「yahoo映画」さんより引用

この映画はいつまでも忘れることはありません。
私自身の映画史に刻まれています。

絶望的で退廃的な愛の形なのですが、そこには平和的な恋愛では遠く及ばない理解の世界があります。
そしてそれは大人の方なら必ず理解できる愛の表現だと思うのです。

偉そうなことは語れませんが、最高の恋愛映画であることは保証します!
ぜひおススメですよ^^

いや〜この映画を観ると川島英五さんの「酒と泪と男と女」が聞きたくなるんです。

や〜がて男は〜しずかに眠るの〜でしょう♪

←応援クリックいただければ嬉しいです♪


posted by yu-bear at 21:55| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。