2009年03月18日

切なすぎるラストシーン!「シャンドライの恋」

shandurai.jpg今日のおすすめ映画は、「ラストタンゴ・イン・パリ」や「ラストエンペラー」で有名なイタリアの巨匠ベルナルド・ベルトリッチ監督の作品「シャンドライの恋」です。

【作品紹介】
アフリカで幸せに暮らしていたシャンドライは、愛する夫が政治犯として投獄されたのを機にイタリアへ渡り、家政婦として働きながら大学で医学を学んでいた。
屋敷の主人、キンスキーは英国人音楽家。2人はほとんど言葉を交わさなかったが、働き者の彼女にキンスキーは好意を持ち始める。夫のことを知らない彼はついに思いを告白するのだが…
イタリア映画界の巨匠、ベルトルッチ監督の作品。アフリカ育ちの女性と、英国人音楽家との微妙な恋心を独特の美しい映像と音楽で描く。
「goo映画」さんより引用

shandurai01.jpgサンディ・ニュートンの美しさが見物でもあるこの映画なのですが、なんといってもラストシーンの素晴らしさに脱帽です!

この最高に切なくて最高に美しいラストシーンは本当にみなさんに見ていただきたいですね^^
このシーンのためにこの映画があると言ってもいいくらい。
正直映画の中盤はながったらしく感じるかもしれませんから^^;

まさにミニシアター系の映画ですから珠玉の名作という感じです♪



posted by yu-bear at 16:37| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。