2009年04月08日

アメリカ公開不可能!実話の衝撃実験 「es [エス]」

世界が湧いた“シチュエーションスリラー”のご紹介です。

afbdc3eac9ae8386.jpg【作品紹介】
「被験者求む。模範刑務所で2週間の心理実験。報酬は4000マルク」という新聞広告を目に留めたタレク。かつては敏腕記者だったが今はタクシーの運転手をしているタレクは、この実験をレポートし記者として復活しようと考え、さっそく申し込むことに。面接に合格し、タレクを含む20人の被験者が集められ実験はさっそく開始された。実験用に用意された刑務所内では被験者たちが看守と囚人に分けられた。始めは皆、お金だけもらい、さっさと終らせようと遊び半分で参加していた実験だったが、1日経つか経たないかの間に、被験者たちの態度に変化が現れ、実験はとんでもない方向へ………。
「goo映画」より引用

2001年モントリオール国際映画祭最優秀監督賞受賞
2001年ババリアン映画賞3部門制覇(最優秀監督賞・最優秀撮影賞・最優秀脚本賞)
862a1dbcb18672cc.jpg2001年ドイツ映画賞最優秀観客賞・最優秀金賞受賞
2001年ヨーロッパ映画賞最優秀作品賞ノミネート
2001年ベルゲン国際映画祭最優秀観客賞受賞
2001年ロサンゼルス国際映画祭最優秀審査員賞ノミネート
等々・・

世界中で絶賛されたドイツ映画です。
スタンフォード大学で実際に行われた衝撃の実験にきっと誰もが驚くと思います。
わずか7日間で実験は中止され、今ではその実験は禁止されているそうです。

観終わったあとは衝撃の余韻がいつまでも残っていました^^;

←応援クリックいただければ嬉しいです♪


ラベル:実話 ドイツ映画
posted by yu-bear at 13:07| Comment(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。