2009年04月08日

実在の天才ダイバーの物語 「グラン・ブルー」

リュックベッソン監督の完璧な名作といってもいい映画「グラン・ブルー」のご紹介♪

83O8389839383u838B815B.jpg【作品紹介】
実在のダイバー、ジャック・マイヨールをモデルに、道具を使わずに潜水記録を競うフリー・ダイビングに命を懸ける二人の男の友情と、彼らの間で心揺れる女性との恋を描いたドラマ。「最後の戦い」「サブウェイ」のL・ヴェッソンが贈る青く美しい海への賛歌。
「yahoo映画」より引用

実はこの名作は学術的にもすごい伝説を持っている映画なんです!

ある専門家が映画を含めて、スポーツの記録に関する多くの作品を見てその映像から発せられる“波動数値”のようなものを調べたんです。
この数値は多ければ多いほど人間を意識の高い状態に入らせる力があるそうです。
言葉では説明しづらいですが、いわば恍惚状態に近い状態のことのようです。

そしてこの映画は、700という並はずれたエネルギーレベルをもっていることが測定されました。
この映画を見た観客たちは、説明できないほどの喜びを感じて、放心状態となるか、泣きながら出てくると、ある映画館のマネージャーが発言しているくらいです。

私自身もこの映画を見ている時や、その直後はなぜか不思議な感覚でした。
別の映画を見ている時とは全く違った感覚なんですね。
ほんとに不思議な感覚でした^^

きっと観た方も多いかと思いますが、みなさんはいかがでしたか?
観ていない方は、ホントに美しい映画なのでぜひおすすめします!

←応援クリックいただければ嬉しいです♪


posted by yu-bear at 22:44| Comment(0) | スポーツドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。