2009年08月21日

不気味な怖さ・・「THEM ゼム」

この季節にふさわしい実話を基にしたホラー映画のご紹介です。

【作品紹介】20071225002fl00002viewrsz150x.jpg
暗い森のものさびしい一軒家で、何者かに追い込まれる恐怖に直面する夫婦を描いたサスペンススリラー。
 2002年10月7日、ルーマニア・ブカレスト。フランス人学校の教師・クレモンティーヌは、夫のリュカと共に郊外の邸宅で静かな暮らしを送っていた。しかしその日の深夜、彼女は耳障りな物音で眠りから覚めてしまう。不審に思い外の様子を調べに行くと、誰かが自動車を盗み去っていった。さらに突然、屋敷の電灯が全て消える。そして複数の何者かが屋敷への侵入を開始し…。
yahoo映画」より引用

なんといってもこの映画実話だっていうことが不気味なんです。

こんな事件本当にあるのかと疑うくらいです。

しかも犯人が○○だなんて・・

私はあまりホラー映画って観ないんです。
みんな一緒じゃんって思ってしまうし、ホラー映画から学ぶことってあんまりないよな〜ってつい敬遠してしまうんです。
でもこの映画は数多のホラー映画とは一線を画していました。

「エクソシスト」のウイリアム・フリードキン監督が選ぶ最強ホラー13本の中にも入っているのですから、その怖さについては保証済みです。

この暑い夏に不気味な戦慄を感じてください・・



ラベル:実話
posted by yu-bear at 20:38| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。