2009年09月27日

元気が出るアメリカ映画NO.1! 「素晴らしき哉、人生」

アメリカ映画協会が選ぶ「元気が出るアメリカ映画100」に堂々No.1に選ばれた名作「素晴らしき哉、人生」のご紹介♪

428x600-2009063000007.jpg【作品紹介】
主人公のジョージという男は、いつも何処かでツキに見放され、逆境にばかり立ち向かう運命にあった。自分のミスではなく大金を失った彼は、全てに絶望して自殺を図る。ところが、12月の冷たい河に飛び降りようとしたとき、彼より先に一人の男が身を投げて救けてくれと叫んだ。あわてて救けたジョージに、男は、自分は見習い天使だと告げるが……。映画はまず、挫折つづきのジョージの人生を語る。この、希望が幾度となく打ち砕かれるエピソードの積み重ねには、ジョージばかりではなく観る側も、その理不尽さに怒りを感じずにはいられないだろう。そして、天使の案内する“もし彼が生きていなかったら”という仮定の世界で、彼は自分の存在理由をかいま見る事になる。果たして彼は自殺を思いとどまる充分な理由を見つけることが出来るのか、という部分がこの作品の要になるのだが、安易なハッピー・エンドに逃げていないのはF・キャプラの理想主義の賜物である。
allcinema」より引用

この映画はどの映画サイトを見ても非常に評価が高いですね。
自分は映画の見る目がないのかな〜と少し落ち込みました・・

というのも、正直わたしは名作と言われるほどの映画とは思えなかったんですよね^^;

結局映画は好き嫌いだと思うのですが、この映画の一つ一つのオーバーリアクションが私には合いませんでした。あからさまな善人と悪人の関係性や想像の世界観(主人公が生まれてこなかった世界)がちょっと・・

あっでもこれからご覧になる方は、きっといい映画だと評価されると思いますよ。みなさんの評価が高いのも、名作中の名作と言われているのも、アメリカ映画協会が元気が出るアメリカ映画No.1に選んだのも事実ですから。

ラストシーンはとても素敵で平和な終わり方です♪



posted by yu-bear at 20:11| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。