2009年11月23日

ウィレムデフォー主演、“狂気”はコントロールできるのか? 「コントロール」

chTop_8129_20090930160513.jpg【作品紹介】
死刑を宣告された凶悪犯と、その凶悪犯をある薬の実験台として利用する医学博士が心理的駆け引きを繰り広げるサイコ・サスペンス。主演は「ブロウ」「NARC ナーク」のレイ・リオッタと「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」「スパイダーマン」のウィレム・デフォー。監督は「リバース・エッジ」のティム・ハンター。
 数々の凶悪犯罪を起こし、“怪物”と恐れられた男、リー・レイ。彼はついに死刑が決定し、致死注射によって処刑が執行される。数時間後、彼は死体保管庫で目を覚ます。彼の前に現われたコープランド博士は、リー・レイが被験者としてある実験に無期限で参加することを条件に、死刑を回避できると提案する。実験は、激しい気性を抑え、脳の性質を変える新薬“アナグレス”の効果を調べるもの。仕方なく条件を飲むリー・レイ。実験を始めて数日で、薬の効果か、彼に罪の意識や自責の念が芽生え始める。やがて実験結果を急ぐ博士は、第2段階として、彼を実社会で一般市民と同じように生活させることを決断するが…。
allcinema”より引用

この映画を見た方の評価は高いようですね。

「最高!!ストーリーの構成、配役が完璧でした。最後は泣ける。」
「とにかく展開がはらはらするので、最後まで飽きずに観れる。そして終わり方も、次に繋がる終わり方というか、自分としては納得ができた。こういった少し考えさせられるような映画というのは重宝したいなと思う。

「久々の傑作。2004年にこんな面白い映画出ていたとは知らなかった。地味といえば地味だけど俳優にとってはやりがいありそうな作品。金払って見てもいいレベル。」
「他の方のレビューを見て退屈しのぎにみてみましたが、すぐにストーリーに引き込まれ、ラストは涙を流してしまいました。多くの方にみていただきたい映画だと思います。」
などなど・・

私はこの映画を「GyaO!」という無料動画サイトでみたのですが、私の感想は、正直「普通」でした^^;
ウィレム・デフォーとレイ・リオッタの迫真の演技は見ものなのですが、特にどんでん返しがあるわけでもなく、ハラハラさせるシーンもほとんど感じられませんでした。

でも、皆さんの評価がとても高かったので今回紹介させていただきました。
私の見る目がなかっただけかもしれませんしね(苦笑)

無料で鑑賞できますし、暇な時間ができてしまった方は見てみてください♪
ただ、画面が小さいのでちょっと見にくいかもしれませんけど^^;


posted by yu-bear at 19:30| Comment(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。