2009年12月01日

壮絶な過去を背負った母と子の感動作! 「黙秘」

無料動画サイト「GyaO!」シリーズ第四弾「黙秘」です。
10年以上も前の映画なのですが、いい映画は色あせることがないですね♪

images.jpg【作品紹介】
S・キング原作のミステリー映画。アメリカ・メイン州の小さな島にある、富豪未亡人の邸。そこで郵便配達人が見たものは、血だらけで横たわる女主人の頭上に、のし棒を手に呆然と立ち尽くす家政婦ドロレスの姿だった……。無実を主張しながらも、事件の詳細には黙秘を通すドロレス。彼女には20年前、夫殺しの容疑で不起訴になった過去があった。数年ぶりに帰郷した娘セリーナにも堅く口を閉ざすドロレス。その全ての真相は、20年前の日食の日に隠されていた……。主人公役はキング自身が彼女を想定して執筆したというキャシー・ベイツ。
TSUTAYA DISCAS”より引用

この映画を見た方のレビューです。

「キャシー・ベイツの演技力のすさまじさには度肝を抜かれます。スティーブン・キングのダークさを忠実に演技できるのは彼女をおいて他にいないと思います。夫の横暴に必死で耐える弱き妻、娘を守る強き母、両方を同時に演じるのは、地で演技できそうで結構むずかしいと思います。真実を思い出した娘との葛藤と理解が胸に響きます。」

「キャシー・ベイツに見入ってしまいました。」

「最初はつまらなさそうとか思ってたのが、10分過ぎたらもう引き込まれてた。キャシー・ベイツ、凄すぎます。この作品を今まで知らなかったことがもったいなくすら思えてくるくらい、ただひたすら、「凄い」の一言です。」

「サスペンス・サイコホラー系が好きな方なら間違いなく楽しめます。物語のテンポも良く、あっという間に見てしまいますが、内容は深くて充実感を感じました。」

やはりキャシーベイツの評価が高いですね。
映画好きの方にはキャシーベイツの存在は、言うまでもなく大女優として認められているようです。

「アバウト・シュミット」での全裸入浴シーンには驚かされましたしね^^;

この映画でも過去に辛酸をなめた母親役として、存在感たっぷりな演技をしてくれています。

しかし、たまに・・いや、結構いろんな映画で見かけるシーンなのですが、父親が妻や娘に対して暴力をふるうシーンがあるんですけど、こういったシーンは見てられないですね・・気分が悪くなる。

私はこういう男が本当に許せないんですよ。
「なんで殴るの?バカじゃないの」って。
こういう男はこの世からいなくなってほしいです。

悲劇のヒロインを表現するには、演出上必要なことだと思うのですがちょっと痛々しすぎましたね。

でも、そんな母親の悲痛な境遇も相まって非常に重厚な作品になっているのでよかったらどうぞ♪
「黙秘」
※配信終了日は2010年1年9日



posted by yu-bear at 22:44| Comment(0) | 人間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。