2009年12月24日

映画音楽の最高峰! 「ピアノ・レッスン」

【作品紹介】
監督ジェーン・カンピオンの名を一躍有名にしたヒット作。19世紀の半ば、スコットランドからニュージーランドへ写真結婚で嫁ぐエイダ。旅のお供は娘のフロラと一台のピアノ。エイダは6歳の時から口がきけなく、ピアノが彼女の言葉だった。そのピアノを夫のスチュアートは重すぎると浜辺に置き去りにし、原住民に同化している男ベインズの土地と交換してしまうが、ベインズはエイダに“ピアノ・レッスン”をしてくれればピアノを返すという。レッスン一回ごとに黒鍵をひとつずつ。エイダが奏でる甘い調べは、いつしか激しい愛とエロティシズムの炎を燃えあがらせてゆく……。
allcinema”より引用

私は劇中の音楽が優れた映画がとても好きです♪
「レクイエム・フォー・ドリーム」や「バッファロー66」なんかいいですね。
そしてこの「ピアノ・レッスン」もその一つ。
音楽はマイケル・ナイマンというイギリスの作曲家です♪

この映画はほとんど彼の功績と言ってもいいくらい^^;

私はかなり昔にこの映画を見たことがあったのですが、めちゃくちゃいい映画だったなという印象をもっていました。
それは、マイケル・ナイマンの曲がいつまでも心に残っていたから。

正直、再見するまで内容をあまり覚えていませんでした^^;

男女3人のドロドロ愛憎劇だったのでちょっとびっくりしましたが、女性監督らしく心情面でとても感情移入しやすかったです。

みなさんも一度はこの曲を聞いたことありませんか♪
このタイトルも素晴らしい!

<楽しみを希う心>



posted by yu-bear at 22:33| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。