2014年03月13日

「サイレントヒル リベレーション」



38点/100点

<作品情報>
コナミの人気ホラーアドベンチャーを映画化した「サイレントヒル」(2006)のシリーズ第2作。幼いころの記憶がなく、サイレントヒルという謎の町で何かに追われる悪夢にうなされる少女ヘザーは、父親に守られるようにして各地を転々としながら生活していた。しかし、18歳の誕生日が近くなったある時、「サイレントヒルに来い」という血文字だけを残して父親が姿を消してしまう。ヘザーは父親の後を追い、不気味な霧に包まれた町、サイレントヒルにやってくるが、町に足を踏み入れるとサイレンが鳴り響き、闇の中で何かがうごめきはじめる。そこでヘザーは、自身の忌まわしい過去と向き合うことになる。

これはゲームの映画ということなら良くできていると思います。ただこれは映画ではない。

アビゲイル・ブレスリンに似た名前のアデレイド・クレメンス目当てで観たのですが、映画としてはとても面白くない。

私はサイレントヒルを観たことはありますが内容をすっかり忘れていました。なので、登場人物が誰で、どんな過去があったのかなどついていけない所が多々あり。続編ではありますが、一作目を観ていないと楽しめない映画ってどうなんだろ。まぁ観ていても楽しくなかったけど。

特にわからないのが、最後の格闘シーンで異形女と三角頭の奴が戦うのですが、なんで戦っているのかわからない。いかにも悪そうな三角頭がほんとはいい奴なの?となんの解説もなし。

映像はとても凝っていて3Dで観たら迫力はあるんでしょうね。でも大音量で驚かせる映画はホントに卑怯だと思う。誰でも驚くじゃん笑

なんだかとてもイライラした映画だったな。気を取り直して違う映画観よう。

2014年視聴本数21本目


posted by yu-bear at 01:32| Comment(0) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。