2014年03月20日

「アベンジャーズ」



70点/100点

<作品情報>
アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なヒット作の主人公が一堂に顔を合わせるアクション大作。特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成されたチーム「アベンジャーズ」が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。最先端VFXを駆使した圧倒的ビジュアルに加え、『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jrや『それでも恋するバルセロナ』のスカーレット・ヨハンソンら、豪華共演を果たしたキャスト陣も見ものだ。

人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー(クリス・ヘムズワース)、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルク(マーク・ラファロ)などを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。

後半30分はすごく迫力がありました。それまでのヒーローたちが団結するまでの経緯が私は楽しめなかった。私はMARVELのヒーローたちをほとんど知らなかったので、どう楽しめばいいのかわからなかった。キャプテンアメリカもブラックウィドウも知らない。ハルクはなぜいぶし銀俳優マークラファロなのかとずっと気になってました。何だかんだでジェレミーレナーが一番かっこよかったし、ハルクは超強すぎ笑。彼一人でもいいんじゃない?

でも、みんなでああだこうだ言える映画だからそれだけでも十分楽しめる映画だと思います。商業的映画はなんとなく見たくなくなるんだけど、「ハルク」を見たくなった時点で私はMARVELの策略にはまってますね。

2014年視聴本数28本目


posted by yu-bear at 18:19| Comment(0) | アクション映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。